去勢・避妊手術

  • HOME>
  • 去勢・避妊手術

去勢・避妊手術について

様々な病気予防にも繋がります

様々な病気予防にも繋がります

諫早市のたか動物病院では、望まない妊娠を防ぐために犬・猫の去勢・避妊手術を行っています。
去勢・避妊手術は望まない繁殖を防ぐだけでなく、精巣・前立腺の病気、乳腺腫瘍(乳がん)、子宮・卵巣の病気など様々な病気の予防に繋がります。
特に避妊手術における乳がんの予防効果はよく知られていて、初回発情前に避妊手術を受けることで、99%以上の確率で予防可能と言われています。

このように快適で幸せなペットライフに繋がるだけでなく、大切なご家族を病気から守ることにも繋がりますので、去勢・避妊手術を受けさせる時は当院へご相談ください。

去勢手術とは

雄の犬・猫を対象に行う手術で、全身麻酔をかけて精巣を取り除きます。
当院の去勢手術は日帰りで受けられ、当日お返しいたします。

避妊手術とは

雌の犬・猫を対象に行う手術で、卵巣や子宮、またその両方を取り除きます。
避妊手術は術後1日お預かりし、翌日お返しいたします。

避妊手術のメリット

去勢手術のメリット
  • 望まない繁殖が防げる
  • 前立腺疾患・精巣腫瘍・肛門周囲腺腫・会陰ヘルニアなどの病気の予防が可能
  • 攻撃性の低下が期待できる
  • マーキングやスプレー行動などの抑制が期待できる
避妊手術のメリット
  • 望まない繁殖が防げる
  • 乳腺腫瘍(乳がん)・卵巣腫瘍・子宮腫瘍・子宮蓄膿症などの病気が予防できる
  • 発情期の問題行動の抑制が期待できる

受けるタミング

初回発情前(生後6~7ヶ月)が目安

犬・猫ともに、初回発情前(生後6~7ヶ月)が去勢・避妊手術を受けさせてあげる目安と言えます。
ただし、個々の動物によりタイミングは異なりますので、詳しく診察した後、適切なタイミングをお伝えさせていただきます。
なお基本的に手術はいつでも行えますが、発情中は避けた方が良いと言えます。

初回発情前の避妊手術で乳がんを予防

雌犬の場合、初回発情前に避妊手術を受けることで乳腺腫瘍(乳がん)が高い確率で予防できるようになります。
初回発情前に避妊手術を受けることで、99%以上の確率で予防可能と言われていますので、タイミングを逃さずに手術を受けさせてあげて、乳がんの予防に繋げるようにしましょう。

去勢・避妊手術の麻酔について

安心・安全な麻酔のための取り組み

去勢・避妊手術の際には全身麻酔を実施しますが、たか動物病院では安心・安全な麻酔のために、術前検査によって動物の健康状態の確認、心臓の聴診、基礎疾患の有無の把握などを行ってリスクの低減・安全性の向上に努めています。

術中は常時、生体モニターで全身状態を監視

手術中は生体モニターを使って、心電図、血圧、換気状態、体温など、全身状態を常時監視し、動物の体で異変が起こっていないかチェックします。

去勢・避妊手術の流れ

step 01

事前診察

手術前に飼い主様へ内容をよくご説明し、安心・安全な手術のために事前診察を行います。
診察後、手術日をご予約いただきます。

step 02

手術前日

手術前日の夜ごはんから絶食でお願いします。

step 03

手術当日

ご予約いただいた日時に当院へお越しください。
動物をお預かりし、当日の体調などを確認します。

step 04

手術

動物をお預かりし、安心・安全に手術を行わせていただきます。

step 05

お返し

去勢手術は日帰りで受けられ、当日お返しいたします。
避妊手術は術後1日お預かりし、翌日お返しいたします。

0957-43-4200

求人情報

受付・診察時間

診療時間
09:00~11:30
15:00~19:00 (受付18:30)

・・・土曜日~17:00 △・・・祝日9:00~13:00(電話予約のみ受付) 休診日/日曜

〒859-0401 長崎県諫早市多良見町化屋812-1